慰謝料増額のために

Posted on 2017.9.1 By

傷害慰謝料、死亡慰謝料、後遺障害慰謝料の3つが交通事故で支払われる慰謝料の種類です。当然ながらどの慰謝料に当てはまるのかを考えることが大切になっていきます。そして、どの慰謝料であっても、増額を考えるのなら弁護士に依頼をすべきであるのは間違いありません。専門知識がある弁護士に依頼をすれば、主張すべきことに漏れがなくなるのが大きいです。また、弁護士基準で慰謝料を算定していくため、慰謝料が増額される可能性は非常に高いといえるでしょう

加害者や保険会社は被害者に有利な証拠が出てくると、それだけで慰謝料の金額が大きくなっていくため、非協力的な姿勢となるものです。被害者からすれば、できるだけ早く終わらせたいと思って、金額が納得できなくても泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。本来は怪我の治療に専念し、元通りの生活を送れるようにしないといけないものの、加害者や保険会社との対応で心身の負担が大きくなってしまうこともあります。

専門家である弁護士が全てを対応すれば、対応に要する時間はなくなります。心身の負担が軽減されて、いち早く元通りの生活を送れるようになるでしょう。慰謝料の増額を目指すのはもちろん、心労という部分も考慮しないといけません。

未分類